わたしは幼保無償化の対象?「幼保無償判定ナビ」をご活用ください。

養育費確保に関すること

[概要]

離婚時に養育費の取り決めをしていない、または養育費の支払いが滞っている方に、お子さんの権利を守り、安定した生活が送れるよう、市が受け取りのお手伝いをします。

<養育費保証促進補助金>
養育費について、保証会社と1年以上の養育費保証契約を結ぶ際に支払う保証料を予算の範囲内で補助します。

<公正証書等作成費用補助金>
公証役場での手数料や家庭裁判所での収入印紙代・郵便切手代を補助します。

契約前・作成前に必ずご相談ください。

母子父子福祉センターにて、専門相談員による養育費に関する相談や、養育費セミナーなどの講習会なども行っています。
詳しくは下記ページをご覧ください。 母子父子福祉センター(豊中市サイト)

[支給内容]

対象のお子さん一人につき1回
<養育費保証促進補助金>上限5万円
<公正証書等作成費用補助金>上限3万円

[対象者]

豊中市内に居住し、申込時にひとり親等であって、次の要件を全て満たす方

<養育費保証促進補助金>

  • 養育費の取り決めに係る債務名義(公正証書・調停調書など)を有している
  • 養育費の取り決めの対象となる20歳未満のお子さんを現に扶養している
  • 保証会社と1年以上の養育費保証契約を締結している
  • 過去に同一のお子さんを対象として、他自治体を含め養育費保証契約に関する補助金を交付されていない


<公正証書等作成費用補助金>
  • 養育費の取り決めに係る債務名義(公正証書・調停調書など)を有している
  • 養育費の取り決めに係る経費を負担している
  • 養育費の対象となる20歳未満のお子さんを現に扶養している
  • 過去に同一のお子さんを対象として、他自治体を含め公正証書等作成に関する補助金を交付されていない

[申請できる人]

<養育費保証促進補助金>
保証料を支払ったご本人

<公正証書等作成費用補助金>
作成費用を支払ったご本人

[申請期日]

随時(契約締結日年度内に申請要)

[手続きなど詳しくは]

「養育費保証促進補助金/養育費確保のための新しい事業を始めます(豊中市サイト)」または「公正証書等作成費用補助金/養育費確保のための新しい事業を始めます(豊中市サイト)」をご覧ください。

養育費保証促進補助金/養育費確保のための新しい事業を始めます(豊中市サイト) 公正証書等作成費用補助金/養育費確保のための新しい事業を始めます(豊中市サイト)

子育て応援情報

「とよふぁみ」をシェアしよう
  • つぶやく